今治タオル

今治タオル

地域ブランドとして成長した今治タオルを訪問してきました。

タオルと言えば、今治タオル。今ではタオルの代表として、有名です。ギフトでもらったり、プレゼントしたりすることが多いと思えば...高品質なタオルとしてのイメージが定着しているのだと思います。この価値をコントロールしているのが、今治市が一丸となって取り組んでいるブランディングプロジェクト。今治タオルの高品質さをあらゆる角度から表現しています。
・水に浮かべて、5秒で沈む吸水性テスト。
・今治タオルのタグ = 信頼のしるし。
・地域ブランドからJAPANブランドへ成長するビジョン。
どれも感動の連続が、ブランドを強くしています。

そのプロジェクトを運営している四国タオル工業組合の一つ、藤高タオルさんの工場へ訪問してきました。藤高タオルは、90年以上の歴史を誇るタオルメーカーです。ほぼ自動化されているのかなと思っておりましたが、見学してみて、まだまだ手作業の工程が多い。
・加工しやすくすために、糸にのりをつける。
・吸水性を高めるために、しっかりのりを落とす。
ひとつひとつの工程の積み重ねが、今治タオルの品質を支えていました。デザイン会社の工場見学は、かなりレアケースと言われましたが、それでもご丁寧に対応いただき本当にありがとうございました。

今治タオル
http://www.imabaritowel.jp/

藤高タオル
http://www.fujitaka.co.jp/